光回線業者のお年寄りに対するしつこい勧誘が問題になっています

フレッツwi-fiが接続できない時には、一回すべての機器の電源を消してみて最初から接続し直してみるとできるかもしれません。
そうしてみても接続できない場合には初期設定をひとつひとつ見直してみましょう。
カスタマーサービスに問い合わせしてみると分かりやすく説明してくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。
知名度の高くないワイモバイルの場合、解約時にかかる解約金を安い料金にしたり、契約の期間を短めにしたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約の数がかさんでいくとされます。
安さに魅力を感じていても、1年以上の契約期間があったりすると、なかなか契約に踏み出せないものなのです。
近頃、光回線業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えています。
こういった事態を受けて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明らかにいたしました。
プロバイダにつながらない時に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定に問題がないか調べても、何も問題がない場合には、接続Idやパスワードに問題が無いか、見直してみます。
数字のゼロとアルファベットのオーの間違いのように見た目が似ている文字があるからです。
それでもつながらなかったら、プロバイダに問い合わせをしてください。

ブロードバンド回線業者の口コミ