高速バスと新幹線の違いは?

東京と大阪の間には数多くの高速バスが走っています。
8時間ほどの移動で一万円に満たない料金のものが多いです。
違う手段での移動を考えてみますとオーソドックスに新幹線なら3時間で費用的には15000円弱ほどになります。
また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。
このように比べていくと費用面でバスにメリットがありそうです。
もちろん移動に何を求めるかは時と場合にもよるでしょうから利用目的なども含め自分がどうしたいのか選択する必要があると思います。
長距離を移動中に気がかりなことと言えばスマホやタブレットなどのバッテリー残量。
移動中は暇なのでずっといじっていると目的地まですらもたないかも!なんて焦った経験はほとんどの人がお持ちでしょう。
乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますが実は高速バスにもコンセント付きの車両というのがあるんです。
そういったバスの特集がまとめられているほどに利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。
個々の座席に設置されているのも利用しやすくて嬉しいですね。
他の交通手段と比較しても高速バスは格安ですがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。
サイトなどを調べてみますと同一区間で行き来するというケースではさらに格安で乗車できるようなのです。
その場合行きのバスに乗る前に予め両方の乗車券を買っておくことが必須なのだそう。
また中には適用外という路線もあるそうなので会社を決める前にサイトや電話などで下調べしておくと良いでしょう。
もともとの料金設定が安めですし割引がなくてもがっかりすることはありませんよ。
高速バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。
移動時間帯が夜なら寝ているから大丈夫という人も多いかもしれませんが、どうしても数時間の長距離移動となるので一度や二度は必要になってきます。
移動中は決められた回数休憩をとらなくてはならないのでこまめに解消することは可能なのですが、それでも急に強烈な便意を感じるときなどすぐに必要になってくる場合もないとは言い切れません。
そういったことが心配ならばトイレ付きの車両をお勧めします。
あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。

高速バス格安は新幹線よりお得?魅力は乗車賃!【時間どれくらい違う?】